FC2ブログ
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
変身 
2006.03.15.Wed / 23:51 
kafuka



アフリカ・ヨーロッパから帰国して4日目。
まだ体内時間が"むこう"です。

ということで眠れない夜のお供は「本」。


日本語の活字が恋しいというのも1つの理由ではあるかな。
あとは、自分のボギャブラリーと文才の無さを反省しているということもあります。

友達のブログを読んでいて、面白いなって思わせる子はやっぱり本が好きなんですもの。


帰国後、本屋に行って真っ先に手にとったのはカフカの「変身」。

上の写真は そう、カフカのアトリエなんです。
プラハの旧市街地の中にあったその鮮やかな小さな家。
読みたいな、と思いながら数年たっていた「変身」。。
この家に来る前に読みたかったーと後悔の嵐が押し寄せてきた。
ということで即、購入決定。

ブラウジングをした結果、とりあえず目についた5冊を購入。


そして迷うことなく「変身」から読みました。


感想は、、、


正直なところ「ビミョー」でした。
期待が大きすぎたのもあったかも。

坦々とした文体はキライじゃありません。
でも、結局のいいたいところがよくわからない。
あとがきにあるカフカのインタビューからしても、意図していることはわからないといった状態。

よくわからないもの、きらいじゃないんだけどな。
むしろ結構好きなほうなんだけど。
映画とかドラマでは、そういう方が好きなんだけど。
よくわからないストーリーって、だいたいものすごく強い世界観を持っているのよね。
とっても非現実的な。
そこにいつもはすごく惹かれるの。


でもこの「変身」の場合だと、
目の前で繰り広げられている出来事が書かれているにすぎないのよね。

そして最後まで一番の肝がナゾのまま。
わかると思ってたから、これはキモチワルイー。


あと2回くらい読んだら何か響くものを発見できるのかもしれないけど、
残念ながらそれだけのパワーが湧いてくるほどの魅力はない。。。

また忘れた頃に読んでみたらいいかもしれないね。
ということで・・・しばらくはおやすみなさ~い★
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
TRACKBACK TO THIS ENTRY
CopyRight 2006 あきひめいちごの宝箱 All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。