映画・本・展覧会などの感想♪ の記事一覧
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マリーアントワネット 
2007.02.03.Sat / 16:49 
マリーアントワネットを観てきた。
映画館に足を運んだのは、1年以上ぶりなんじゃないか!
最後に観たのは何だったかすら忘れてしまった。

土曜日の映画館ってこんなに混んでいるものだったのか。
1件目は希望の回が売り切れ。
次の予定があるので断念。
2件目に移動して、購入できたもののかなり前の席。

ソフィア・コッポラもキルスティン・ダンストも
ヴェルサイユ宮殿もカラフルなドレスもお菓子もぜーんぶ大好きな私は、
まわりからの不評も気にせず期待していた。


ソフィアコッポラの、主人公目線の映像がすごく好きだ。
バージンスーサイズでも、ロストイントランスレーションでも感じたけど
スクリーンが自分の視界と化す。

特に、14歳で嫁いだマリーがヴェルサイユで何百人という人たちに
迎えられるシーンは
戸惑いと緊張と重圧と、でもどこか楽しみな気持ちも入り混じった彼女の気持が
手に取るようにわかった。

ドレスとケーキの色使いも素晴らしくきれいだった。
ただ単にカラフルできれいというのとは訳が違う。
メインカラーを引き立たせるために使われたダークカラーの使い方が素晴らしいと思った。


あくまでも、自分の素で演じてほしいと創りあげられたマリーは
本当に、どこにでもいるただの1人の女の子だった。

本当に偶然、オーストリアの王家に生まれ
国家間の友好のためにフランスへ嫁ぎ
夫がフランス国王になった。

10代なんて自分のことだけで精一杯。
なのに好きでもない男性と一緒になり、
世継ぎを望まれ
何をするのも常に監視されている。

国王の妻としての凛とした姿も印象的。
でもそれは望まれているマリーを演じているマリー。

フリルやお花、
おしゃれが大好き。
あま~くてかわいいお菓子も大好き!

人並みに恋だってする。
夢だってある。
好きな人もいれば、嫌いな人だっている。

そして、時に優しくて強い母親の顔も見せる。
そんな、ふつうの女性。

ダイアナ妃も、雅子様も、
自分の子供を自分の手で育てようとして非難されたように
同じ感情を持つ"人間"なのに
その肩書きによって強いられるどうにもできないもの。
可哀想とか酷いとかそんな簡単な言葉では片付けられない。

背負った運命を
受け入れて 
立ち向かって
白い目が向けられても変えないものがある。
そんな彼女はやっぱりかっこいいと思った。

スポンサーサイト
スーパーエッシャー展 
2007.01.04.Thu / 17:11 
エッシャー展に行ってきた。

入場券に1時間待ちという混み具合。
ダリ回顧展が最終日だからこっちは空いてるかとの目論見はあまりあてにならなかった。

今回のエッシャー展、若い人や普段は美術館で見かけないような人が多かった。
エッシャーの名前は知らなくても、
エッシャーのだまし絵を知らない人はあまりいないものね。

恐らくそういった客層を見込んで
今回は音声ガイドにDSを使用!
しかも「無料」だった。

もちろん私も借りたし、
小さな子連れの家族が多かったので子供たちは夢中になり
まんまと「欲しい~」という罠にはまっていたw

Bunkamuraはコレクションを持たない。
会場はそんなに広くないが、狭くも無く丁度いい。

そして、毎回展示方法にはすごく力を入れている様に思う。
特に印象に残っているのはボタニカルアートの先駆者と言われる宮廷画家ルドゥーテの展覧会。
薔薇のアーチが作られ
薔薇の調度品だけで再現されたダイニングルーム
そしてバラのアロマオイルがたかれていて、会場にほのかな薔薇の香りが漂っていた。

今回はエッシャーということでさほど特徴的な展示はなかったものの、
展示数がすごく、彼の絵を動画に加工されていたものはとても面白かった。
虫のような不思議な生き物が永遠に同じところを動いてる様や
エッシャーの絵を融合させて新たな作品となったいたり
タッチパネルになっていて絵の触れたところに変化がおきるものなど。

子供たちと一緒にはしゃいでしまったw

メインのだまし絵は数点だったけれど、
なかなか面白かった。


最後にエッシャーの絵画をモチーフにしたフィギュアとストラップのガチャガチャがあったのは反則ですw


イン・ザ・プール 
2006.03.16.Thu / 00:18 
昨日の夜(今日の明け方)のお供。


「空中ブランコ」の時から
奥田英朗の表紙に出てくるキモカワイイ赤ちゃんが気になっていたのです。

そして、今回も彼はいました。。。
あの時と同じ角度、同じ場所、同じ表情で。

自他ともに認めるキモカワ好きの私は、
そんな彼の瞳にやられて購入を決定。

あとの決め手は文庫だったってことね。
空中ブランコは未だ文庫化しないため、購入していませぬ。
貧乏学生は、本よりもオシャレに投資してしまうんです。
それにしても何かしらの賞を受賞したものっていうのはなかなか文庫化しない。
そりゃー売れますもんね。
「蹴りたい背中」と「蛇にピアス」が騒がれていた時も、オーストラリアに1ケ月のホームステイに行く当日の成田空港でぶ厚~い文芸春秋を買ったのを思い出します。

話がそれました。


この本の感想は・・・
▽Open more.
変身 
2006.03.15.Wed / 23:51 
kafuka



アフリカ・ヨーロッパから帰国して4日目。
まだ体内時間が"むこう"です。

ということで眠れない夜のお供は「本」。


日本語の活字が恋しいというのも1つの理由ではあるかな。
あとは、自分のボギャブラリーと文才の無さを反省しているということもあります。

友達のブログを読んでいて、面白いなって思わせる子はやっぱり本が好きなんですもの。


帰国後、本屋に行って真っ先に手にとったのはカフカの「変身」。

上の写真は そう、カフカのアトリエなんです。
プラハの旧市街地の中にあったその鮮やかな小さな家。
読みたいな、と思いながら数年たっていた「変身」。。
この家に来る前に読みたかったーと後悔の嵐が押し寄せてきた。
ということで即、購入決定。

ブラウジングをした結果、とりあえず目についた5冊を購入。


そして迷うことなく「変身」から読みました。


感想は、、、


▽Open more.
| BLOG TOP |
CopyRight 2006 あきひめいちごの宝箱 All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。